2017年12月04日

秩父夜祭の新しい(妖しい)魅力。

夜祭の絹市の時にしか通れない(普段でも通れそうですが、あまりにも民家の敷地内っぽくて遠慮してしまいます。)この道もまだ2回目ですが、楽しみの一つで、2・3日の昼夜数回撮ってみたかな。
IMGP7004-1.jpg

IMGP6999-1.jpg

幻想的な雰囲気良いですね。秩父にも普段から夜の景色が、落ち着いたこんな場所があると素敵かも!!

祭見物の人が持っていて気になったものがあり、偶然そのお店を発見!!

IMG_6645.JPG

狐面を持っている人を度々見かけて、普通のおめんやさんにあるか東町通りあたりかと思ったら、西武秩父駅前に露店で狐面のみのお店が有りました。面白いお店は東町通りに出ていることが多いのでそっちかと思ったら随分とメジャーなポジションに構えていました。

もちろん買ってしまいましたが

IMG_6647.JPG

狐面とシフォンケーキ!!地元のお店が出している飲食店に、美味しいお店が潜んでました。

この狐面は、天狐の面というそうで千年以上生きた狐の面だそうで、ちょっと小さめの子供用で40越えのオッサンにはちょっと小さかった・・・。大人用の夏目友人帳の斑(まだら)みたいな柄と悩んだのですが、こちらにしました。今週末に川越で行われるイベントでも同じお店かわからないけど狐面の店が出店するようです。

余談ですが、「四月は君の嘘。」のアニメ絵の商品か特典か何かで かをちゃんが狐面着けてるのありましたね。
posted by ずっぴ〜改めあづきち。 at 21:45| Comment(0) | 秩父 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: